T460sのバッテリー容量 取り外しができなくなってどう?


ThinkPad T460sを分解すると上下に2つのバッテリーが搭載

ThinkPad T460s バッテリー容量は?取り外しできないT460sをつかってみて・・・

フロント(パームレスト側)24Wh+(液晶ヒンジ側)リア26Wh
合計で50Whのバッテリー容量がある。


ThinkPad T450sやT440sの過去機種では
リアバッテリーが取り外し可能で・・・

使い方に合わせて
最大でフロント24Wh+リア72Wh=96Whまで拡充できました

ThinkPad T440sはバッテリー交換取り外しが可能でした

残念ながらT460sでは2つのバッテリーが内蔵となり、容量は50whの決め打ち。

バッテリー交換は修理扱いとなり、自分では基本的にはできません。

T460sを使う前まではバッテリー交換が出来なくなったのはかなり残念だなーと感じてました。

でも、いざバッテリー内蔵のT460sを使ってみると
モバイル性能が劇的にアップ!

思った以上に持ち運んで使うようになってます。

T460s 東北新幹線にて、持ち運びしやすくなった

CPUに負荷をかけなければだいたい実働で5時間程度

確かに他機種と比べるとバッテリー駆動時間としては短いかもしれませんが、

T450sやT440sで大容量バッテリーを搭載すればするほど、2kg近い重量になって持ち運びが厳しいレベル。

重い大容量バッテリーを搭載するほど駆動時間は伸びるけど・・・持ち運びが極端にしにくくなるというデメリットがありました。

デルタ スカイラウンジでT460s

T460sでバッテリー内蔵にしたのは
ノートPC薄型軽量時代を反映させた英断だったのかも・・・

実際に薄くて軽い本体を持ち運んで感じるようになりました。


持ち運びやすくなったThinkPad T460sをさらにくわしく


T460s バッテリー交換できないので、充電しきい値を80%に設定



ThinkPad T470sが大幅割引中です

レノボの直販でThinkPad T470sの割引率がアップ♪

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、
クーポンを適用すればT470sが大幅に安くなります。