T460s バッテリー交換できないので、充電しきい値を80%に設定


ThinkPad T450sやT440sの前機種では交換
取り外しができたリアバッテリーですが・・・

ThinkPad T460s バッテリー交換は出来る? 充電制限 しきい値を変更して長持ちさせる

2016年に発売されたT460sから完全内蔵式になり、
バッテリー交換ができなくなりました


T460sを分解してみると、2つのバッテリーが内蔵されている。

T460sを分解すると内蔵バッテリーが2つ

フロント、リア2つのバッテリー構造は過去のモデルと変わらないようだけど、スペアのバッテリーは別で購入できない。

基本的に、バッテリー交換は修理扱いとなり、
レノボに一旦預ける必要があります。

もしかしたらebayやamazonで中国系の店舗や並行輸入業者から、T460s用の交換バッテリーが出てくるかもしれないけれど、自己責任でリスクもある。

気軽に交換出来ないとなると、
バッテリーが長持ちするにこしたことはないですね。


今日は事務所でT460sを開いて、
動画編集&外部GPUパワーを使っての書き出し

T460sで動画編集 しばらく持ち歩かないので・・・

しばらく持ち歩かなそうなので
充電が80%で止まるように設定しました。


充電しきい値の設定方法


バッテリーは構造上、充電・放電を繰り返すたびにへたって、駆動時間が短くなっていくもの。

へたりを軽減させるのに充電しきい値を80%以下に設定するといいようです。

T460sにバンドルされているストアアプリ「Lenovo Setting」を起動
左サイドの「電力・省電力」をクリックして・・・

レノボセッティングを立ち上げて充電しきい値を変更
※しきい値の変更ができるのはWindows10のみ


下の方までスクロールすると、「バッテリー充電のしきい値」の項目があるのでオンにする。

充電しきい値変更をオンにしたときのデフォルトは80%

2つのバッテリーごとに充電値を設定出来る。


しきい値変更をオンにしたときのデフォルトではバッテリーが80%まで充電されると止まります。

T460s 充電式しきい値を変更したら80%で止まった

100%の満充電で持ち運ぶと実働がだいたい5時間ぐらい。
80%だと4時間ほど、バッテリー駆動で使えそう。

T460s 80%の充電だと4時間ほどの実働

充電のしきい値はすぐに変更が出来るので、持ち歩いてバッテリー駆動時間が必要なときは100%のマックス充電。

自宅や事務所などACアダプターを常に接続している場合は80%にするなど、状況によってしきい値を変更しながら使えるのが便利です。


ThinkPad T460s リアルなバッテリー駆動時間 新幹線出張編



ThinkPad T470sが大幅割引中です

レノボの直販でThinkPad T470sの割引率がアップ♪

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、
クーポンを適用すればT470sが大幅に安くなります。