ThinkPad T440sのキーボード X240sとの違いを動画で



ThinkPad T440sのスペック・詳細情報

ThinkPad T440sが大幅割引になるクーポンの使い方


ThinkPad X240s X240 新しいThinkPad X1 Carbon
この3機種のキーボードをさわった中で

ThinkPad T440sのキーボードは
抜群に打ちやすかったです



ThinkPad T440sのキーボードの使い心地は?

YouTubeにアップした動画でもしゃべりましたが
何をもってキーボードが打ちやすいかというのは
人それぞれの感覚の問題ですので、

じゃあ、なんで、私がThinkPad T440sのキーボードが
打ちやすいと感じたのか、考察してみます。



T440sはキーストローク(キーを押し込む距離)が長い

ThinkPad T440sのキーストロークは約2mm
12.5型、ThinkPad X240sのキーストロークは約1.1mmです。

ThinkPad T440sのキーストローク

X240sと比べて2倍、キーストロークが違うと
タイピングの感触もかなり変わってきます。


いままで、ThinkPad X200sなどキーストロークが長い
ノートパソコンを利用してきたので

昨今のウルトラブックのペチペチした打ち心地よりも
しっかり押し込める方が慣れているということがあります。

キーストロークの短いキーボードが好みの人は
逆に、T440sのキーボードには違和感を感じるかも。



T440sはキーがフルサイズ

ThinkPad T440sのキーはしっかり正方形で、キーピッチも約19mm

ThinkPad T440sのキーピッチはフルサイズの19mm
デスクトップで使われるフルサイズキーボードと同じです。


一方、ThinkPad X240sは横のキーピッチはフルサイズなんだけど
キーそのものの縦の長さが若干、短いんです。

ThinkPad X240sのキーは縦が短い
フルサイズのキーボードに慣れていると
X240sでは慣れるまでに誤タイピングをすることがあります。



T440s キーの厚さから来る重厚な打ち心地

T440sはキーの一つ一つの厚さがX240s、X240と比べると厚くて、
タイピングの際に重厚感というか、しっかりとした打ち心地があります。

ThinkPad T440sの打ち心地は重厚感あり

言葉で説明すると難しいのですが

12.5型のX240sやX240 薄さを追求した新しいThinkPad X1 Carbonは
キーそのものがうすく、キーストロークも短いため、ぺちぺちした感触ですが

T440sのタイピングはしっかりと押し込める感触
そして、キーの跳ね返りが指に吸い付く感覚です。

キーストロークの短いキーボードがいまいちと感じてる人には
ThinkPad T440sのキーボードはおすすめできます。


打ちやすいキーボードThinkPad T440sをさらに詳しく

ThinkPad T440sが大幅割引になるクーポンの使い方



ThinkPad T470sが大幅割引中です

レノボの直販でThinkPad T470sの割引率がアップ♪

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、
クーポンを適用すればT470sが大幅に安くなります。