ThinkPad USB Type-C ドックを買った X1 Carbon 2017 X270 T470sなどで使用可能


ThinkPad USB Type-C ドックが
いつのまにか発売開始していたので早速、購入しました。

ThinkPad USB Type-C ドックを購入 対応機種はX1 Carbon 2017 X270 T470sなどで使用可能

これで、ThinkPad X1 Carbon 2017でもケーブル1本挿すだけで、電源供給しつつ、デュアルディスプレイで運用が出来るようになる。

ThinkPad USB Type-C ドックをさらに詳しく


X1 Carbon 2017ユーザー待望
電源同時供給型ドック


なんと言っても、第5世代 ThinkPad X1 Carbon 2017ユーザーには待ちに待った電源同時供給型のドックです。

X1 Carbon 第4世代 2016モデルのOneLink+端子
第3世代 2015モデル以前のOneLink端子

x1 Carbon 2016 2017 ドック端子の違い

過去のドック専用端子は2017年モデルではなくなり
ThinkPad OneLink プロドックやOneLink+ ドックは使えません。

X1 Carbon 2017で使えるドックもあったけれど、

WiGigドックは対応機種のみと限定的だし、
USBドックはケーブルを本体に挿しても同時に電源供給はできず
ドックとX1 Carbon。 ACアダプターが2個必要になる。


今回購入したThinkPad USB Type-Cドックならば
USB Type-C端子にケーブル1本挿すだけで・・・

ThinkPad X1 Carbon 2017 ドックは・・・

電源供給、ドッグにつなげた外部モニタとデュアルディスプレイ
有線LANや周辺機器が一瞬で拡張できる。


ドック端子、HDMIはなし


映像出力:DisplayPort x 2 、VGAポート x 1
USB端子 背面:USB3.0 x 3、 USB2.0 x 2、
USB端子 前面:USB3.0 x 1、USB Type-C (5V, 3A) x 1
ネットワーク:有線LAN RJ45ポート(ギガビット)
オーディオ端子:マイクロフォンコンボジャック(前面)

ThinkPad USB Type-C ドック 前面
ThinkPad USB Type-C ドック 背面端子

アナログRGB d-sub端子がついているので
古いモニタも接続できるのは便利。

逆に残念なのが、HDMI端子がない。

パソコン用のモニタではなく、
テレビ用の薄型液晶につなげるとき
多くの場合、変換アダプターが必要になりそう。

2つあるディスプレイポートの1つが
普及率の高いHDMIだったらよかったけどなぁ・・


サイズ・重量・縦置きは・・・


横 17.1cm × 縦 8cm × 高さ 3.25cm
手のひらから、かなりはみ出る。

ThinkPad USB Type-C サイズ 重量

基本、横置きタイプで横幅が長いので
若干、デスクで場所をとりそう。

横17cmあるので、縦置きは厳しい・・・
ケーブルの挿し方によってはいけるかも!?
実機が届いたら試してみよう。

重量は290g。

このサイズと重さならキャリーバッグにぽんと入れて
出張先のホテルや出先の会議室などに持ち運び出来ますね。


X1 Tablet 2016にとっては救世主!?


個人的にUSB Type-Cドックは買いだ!と
きっかけにもなったのが・・・

手元にあるThinkPad X1 Tablet 2016の
ドック接続がものすごく楽になる。

いままでは、キーボードを外し、ベースモジュールを外し、
プロダクティビティモジュール(オプション)を取り付け

x1 Tablet ワンリンク+ドック接続するのが面倒で・・・

3工程を経て、ようやく、
OneLink+ ドックがつなげられてました。

途中からプロダクティビティモジュールを
取り付けるのが面倒になって、X1 Tabletでは
ほとんどドックを使うことがなくなっていた。

ThinkPad USB Type-C ドックがまさに救世主。

X1 Tabletの電源端子でもある
USB Type-C 端子にドックを接続できる。

X1 Tablet USB Type Cの電源端子にドック接続

プロダクティビティモジュールを
別途購入しなくてもドック接続が可能になったのは大きい。

唯一、2016年発売のThinkPadでUSB Type-C端子がついていたX1 Tabletとこれから発売されるであろう第2世代 X1Tablet 2017では鉄板のドックとなりそう。


汎用性が高すぎるUSB Type-C
X270やT470s 他メーカーでも使える


ThinkPad USB Type-C ドック その名前の通り
USB Type-C端子に接続するドックなため、

2017年に発売されたThinkPadの多くに対応。
ThinkPad X270,T470s,Yoga 370などなど

側面にUSB Type-C端子さえあれば、
USB Type-Cドックが使えます。

加えて、Lenovo以外のPCでもUSB Type-Cポートを搭載したPCに対応するそうで、汎用性は抜群。

2017年にThinkPadを購入した方なら
あると超便利な周辺機器になりそうです。


今後、発売されるThinkPadには
USB Type-Cポートが搭載され、さらに普及していくでしょう

1台、ThinkPad USB Type-C ドックがあれば
新モデル、過去モデル関係なくドックを使い回せそう

特にX1 Carbonは端子が変わるごとに
ここ最近、毎年ドックを買い替えてました。

今では使わなくなった
ドックがその辺に転がっています・・・

ThinkPad USB Type-C ドックの発売で
モデルチェンジごとにドックを新調せず
今後も使い回せそうなのがうれしいですね。


ThinkPad USB Type-C ドックをさらに詳しく



ThinkPad X1 Carbon 2017が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればThinkPad X1 Carbon 2017が大幅割引です。