ThinkPad Thunderbolt3 ドックを購入 4Kモニタ2枚出力はX1 CarbonとX1 Yogaのみ


ThinkPad Thunderbolt3 ドックが発売開始されたので
X1 Carbon 2017用のドッキングシステムとして買いました。

ThinkPad サンダーボルト3 ドックを購入 4K 2枚出力は限定的

ドックからケーブルを1本 X1 Carbon2017に挿すだけで
電源供給から4Kモニタ60Hz 2枚への出力、周辺機器の認識まで可能。

ThinkPad Thunderbolt3 ドックの仕様・端子など


ThinkPad X1 Carbon 2017用のドックは一足早く発売された
ThinkPad USB Type-C ドックをすでに持ってます。

機能としてはUSB Type-C ドックで十分なんですけど、
Thunderboltの周辺機器はまだまだ少ないので人柱がてら購入してみました。


対応機種は?


ThinkPad Thunderbolt3 ドックはその名の通り、
Thunderbolt3端子を搭載している機種に対応してます。

メインストリームのモバイルThinkPadなら2017年に発売された
ThinkPad X1 Carbon、X1 Yoga、T470s、Yoga370など。

X270のUSB Type-C端子とX1 Carbon 2017の
Thunderbolt3端子を比べてみると外観は全く同じ。

ThinkPad X1 Carbon 2017とX270 USB Type-C端子とサンダーボルト端子は同じ

端子近くに雷マークのようなThunderboltのロゴが印字されていれば
Thunderbolt3に対応している

12.5インチのThinkPad X270はUSB Type-Cのみに対応。

Thunderbolt3ドックが届いたらX270で使えるか試してみよう。
って、認識しないと思いますけど(笑)


4Kモニタ2枚出力は限定的


Thunderbolt3ドックの目新しいメリットといえば
ThinkPadのドックではおそらく初めて4Kモニタ2枚出力に対応。

ただ、4K 2枚出力はX1 Carbon 2017とX1 Yoga2017のみと限定的。

4K 2つのモニターの1つは前面のTBT3ポート(USB Type-C)へ接続する必要があったりと結構制約がある。


個人的にUSB Type-C ドックと比べてThunderbolt3ドックの方がいいなと思うのが映像出力端子が豊富なこと。

ThinkPad USB Type-C ドックと Thunderbolt3 ドック 裏面端子の違い

ThinkPad USB Type-C ドックにはないHDMI端子があるのは便利。


ただ、欠点として、ポートが増えた分、ドック本体が大きい。

ThinkPad USB Type-C ドックと Thunderbolt3 ドック サイズの違い

サイズは横幅22cm × 奥行き8cm × 高さ3cm
片手で持つと、ドック本体がもろにはみ出る。

ThinkPad Thunderbolt3 ドック サイズは?

狭いデスクの上に置くと場所をとるかもしれない。

机の裏に養生して貼り付けたり、
机下のチェストに乗せて机からは見えなくしたりと
置き場所はちょっと工夫する必要があるかも。

4Kモニタ2枚を接続してThinkPadを使う日が来るのか
今のところ未定でまだまだ先な気がしますが

ここは時代を先取り!?してしばらくThunderbolt3ドックと
USB Type-Cドックを使い分けていく予定です。

4K モニタ 2枚出力が必須でなければ、
ThinkPad USB Type-Cドックで十分なんじゃないかなと
今のところ、感じていますが

実際にThunderbolt3ドックを使ってどうなるか・・・


ThinkPad Thunderbolt3 ドックをさらに詳しく見る


ThinkPad USB Type-C ドックを買った


ThinkPad X1 Carbon 2017が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればThinkPad X1 Carbon 2017が大幅割引です。