ThinkPad X1 Tablet USB Type-Cドックをつなげてデュアルディスプレイ


ThinkPad X1 Tablet 2016にUSB Type-Cドックをつなげてみる

ThinkPad X1 Tablet ドックはUSB Type-Cドックで決まり

X1 Tabletの電源端子でもある
USB Type-Cにケーブル一本挿すだけで、
電源供給からマルチモニタ、周辺機器の認識まで可能。

ThinkPad USB Type-CドックをX1 Tabletにつなげてデュアルディスプレイ

自宅やオフィスに外部ディスプレイさえ用意すれば、
タブレットながら、デスクトップPCのような拡張が一瞬でできる。

ThinkPad USB Type-C ドックをさらに詳しく


今まで、ThinkPad X1 Tabletでドックを使う場合、
プロダクティビティーモジュール(別売り)に
Onelink+ドックを接続して使っていた。

ThinkPad X1 TabletはWiGig未対応なのでOnelink+ドックを使うことに

モジュールを別途購入しなきゃいけないのはもちろんのこと、

ドックにつなぐたびに、プロダクティビティモジュールを取り付けなくてはならず、これがまた面倒で、いつしかドックを使わなくなっていた。


2017年にThinkPad USB Type-Cドックが発売されて、
一気にX1 Tabletでのドック拡張が簡単にできるように。

第2世代の X1 Tablet 2017はもちろんのこと
2016年発売の初代でもドライバさえインストールすれば問題なく使える。


ドック前面の端子は・・・

USB Type-C端子 前面からはスピーカーとHDDを接続

イヤホンジャックからBOSEのスピーカーへ
USB3.0端子から外部HDDを接続。



背面端子はアナログRGB端子から外部ディスプレイへ
有線LANをつなげ、Powered USB3.0からスマホの充電

USB Type-Cドック HDMI端子はないので変換アダプターが必要

デジタルの映像出力にはディスプレイポート端子が2つ。
HDMI端子がないので、必要なら変換アダプターを準備するといいでしょう


RGBアナログ(VGA)端子があるので
古いモニターに接続する際に重宝します。

USB Type-C ドック RGBアナログディスプレイ端子がある

ドックへの電源供給は長方形端子で
過去のThinkPad電源端子と共通です。

ACアダプターは90Wが同梱されていました。

USB Type-CドックのACアダプターは90W

ちなみにThinkPad X270やT460sに付属している45WのACアダプターをドックにつなげてみたら、周辺機器は認識するけど、本体への電源供給ができなかった。

ドック付属のACアダプターを使いましょうってことですね。


タッチを生かしたマルチモニタ環境


お気に入りの使い方はX1 Tabletのキーボードは外して
別売りのブルートゥースキーボードをペアリング。

動画編集に主に使ってるゲーミングキーボードも取り付けて
ショートカットを登録し、ワンボタンで作業出来るようにしてます。

正面から見ると見た目もすっきり

左手の手の届く範囲にX1 Tabletを設置して
ブラウザなどをタッチでスクロールしながら
外部ディスプレイでは実作業。

手元のX1 Tabletで直感的に操作しつつ、
デスクトップと同じような作業ができます。

キーボードが簡単に取り外せるX1 Tabletならでは
手前のスペースが空くので狭いデスクも有効に使える。


USB Type-Cドック本体が結構場所をとるかなと思ったけど
12インチ X1 Tabletの裏に隠れる程度で許容範囲かな。

USB Type Cアダプター X1 Tabletの裏に隠れる

正面から見ると、ドックが隠れて見た目もすっきりする。



これだけの周辺機器を本体につなげるのはそもそも無理ですが
デスク上でもコンパクトに拡張出来るのがドックならでは。


HDDやマウス、周辺機器、外部モニタ。
さらには電源供給までケーブル1本で拡張出来るのはやはり便利。

X1 Tabletにケーブル1本挿すだけ 一瞬で拡張完了!

USB Type Cドックを自宅やオフィスに設置しておけば
一瞬ですべてを認識してくれるのが驚異的です。

タブレットの枠を超えて
デスクトップPCのような使い方が出来る

今後、急速に普及が進むであろう
USB Type C端子にドックをつなげるので汎用性が抜群。

USB Type C端子搭載のThinkPadなら
機種を問わず使えるのもポイントですね。


最近あまり出番がなかったX1 Tabletですが、
USB Type-Cドック導入をきっかけに
思いつく用途が増えてきました。

今後は持ち運ぶだけでなく、ドックを接続して
オフィスでも活躍してくれそうです。


ThinkPad USB Type-C ドックをさらに詳しく


ThinkPad X1 Carbon 2017が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればThinkPad X1 Carbon 2017が大幅割引です。