T460s対応 ドッキングステーション OneLink+は使用不可


ThinkPad T460sで最近使っている2つのドックが・・・

ガチャリとはめるメカニカルな ウルトラドック
ワイヤレスで接続出来る WiGigドック の2種類

ThinkPad T460s ドッキングステーション OneLink+は使えない


ThinkPad X1 Carbon2016やX1 Yoga、Yoga260に
対応しているOneLink+ドックは使えない

ThinkPad T460s OneLink+ドックは使えません

OneLink+ドックを使うには本体にOneLink+端子が必要ですが、T460sにはなく、底面にウルトラドックやプロドックをつなげるドッキング用端子が備え付けられています。


T460s 全てに対応のウルトラドック


T460sを乗せるだけでドッキングできるウルトラドックは全てのモデルに対応。

ThinkPad T460s とウルトラドックの背面端子

T460s本体をオフィスや自宅で簡単に拡張したいなら一番導入しやすい。

T460sにウルトラドックをドッキング VGAやDVI-D端子が使える



使える機種が限られるWiGigドック


T460s購入時にワイヤレスアダプタをWiGig対応の

「インテル Tri-Band Wireless-AC 18260(2×2、WiGigおよびvPro対応) + Bluetooth 4.1」を選択していればWiGigドックが使える。

購入後にWiGig対応にすることは基本的には出来ませんのでご注意を

ThinkPad WiGigドックとT460s ケーブルレスでマルチモニタ

WiGigドックに接続するとT460sにケーブルや周辺機器をつなげずにデュアルディスプレイができる。

WiGig ドックの接続方法 T460sでつなげようと思ったけど・・・


ベッドの上でT460sを操作しながらなんてことも・・・

ThinkPad WiGigドックとT460s ベッドの上でワイヤレスドッキング
ThinkPad WiGigドックの通信距離は? T460sをホテルの部屋でドッキング

WiGigドックに周辺機器や外部ディスプレイを接続すれば、T460s本体は全くのケーブルレス。まさに離れ業が出来るのが便利。


前モデルのThinkPad T450sからT460sにフルモデルチェンジしたことで、完成度が格段にアップ。

キーボードなどの操作感はいうことないし、外部GPUも選択可能でデスクトップPCの代わりにメインPCとしても十分使えます。

T460sをオフィスや自宅で使うときはドックがあると、拡張が一瞬で出来て重宝します。


メインPCとして使える♪ThinkPad T460sを詳しくみる



ThinkPad T470sが大幅割引中です

レノボの直販でThinkPad T470sの割引率がアップ♪

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、
クーポンを適用すればT470sが大幅に安くなります。