フィリピン航空のプレミアムエコノミーでThinkPad X260 電源もあって便利


成田空港からマクタン・セブ国際空港まで
フィリピン航空の直行便で5時間弱。

今回はプレミアムエコノミーの座席です。

フィリピン航空のプレミアムエコノミー テーブルにThinkPad X260

搭乗直後に出てきた食事を済ませてから・・・
肘掛け部分にある収納式のテーブルにThinkPad X260

フィリピン航空でノートパソコンを開いて一仕事

エコノミーにしては座席幅や足下が広く、
テーブルも思ったほど狭くなく意外に使える。
さすがプレミアムエコノミーと呼ばれるだけのことはある。

ただ、テーブルが貧弱で、斜めに傾いていた(笑)
左足を支えにして水平にしながらX260を使ってます。

エコノミーのテーブルって結構な確率で貧弱だったり狭いので・・・

いざとなったら12.5インチでコンパクトなX260を
膝の上にのせて作業も出来るのが便利です。


スペースが限られた飛行機の中ではやはり、
12.5インチでコンパクトなボディのX260が威力を発揮

狭い飛行機内ではコンパクトなThinkPad X260が最適

バッグから取り出しやすく、使わないときはシートポケットにしまったり、テーブルにおいたまま一眠りしたりと機内の時間を有効に使える。


PCで映画も見られるけど・・・


フィリピン航空のシートにモニタはついていませんが、
手持ちのスマホやラップトップPCを使って、オンデマンドの映画や音楽が楽しめる。

フィリピン航空 映画タイトルは貧弱・・・

映画を見ようとしたら、
DiVXプレイヤーをダウンロードするようでてきて・・・
余計なソフトをX260に入れたくないのであきらめる。

フィリピン航空 オンデマンドコンテンツにはディビックスプレイヤーが必要

昔、よく使われていたDiVXプレイヤーですが久しぶりに見た。

機内コンテンツは貧弱で、日頃からamazonプライムビデオやhuluなどストリーミングサービスに加入している人には全く見る気にならないかも。

音楽は特にソフトをインストールしなくても聴けるようです。

結局オンデマンドサービスは使わず、残り飛行時間を確認しただけ

フィリピン航空 飛行機内 ノートPCで運行状況を確認

インターネットサービスは提供されてないのでオフラインでの作業。
暗くなった機内でX260のバックライトを点灯!

X260 バックライトキーボードを点灯してひたすらテキスト打ち

打ちやすいキーボードでひたすらテキストを打っていました


電源がとれるのが便利


そうそう、フィリピン航空、
プレミアムエコノミーの座席下にはコンセントがあったんです。

フィリピン航空 プレミアムエコノミーではコンセントがついてる

まさかエコノミーで電源がとれると思ってもいなかったのでこれにはびっくり!

真っ先に65WトラベルACアダプターをさしてX260に給電。

X260と65WトラベルACアダプターを使って飛行機内で充電

5時間程度ならバッテリー切れになることもないんですが
電源があればCPUに負荷がかかる作業も安心してとりかかれます。

エコノミーの料金にプラス3000円でこの快適さなら
断然、プレミアムエコノミーがいいですね。

予想以上に快適な空の旅になって仕事がはかどってます。



朝一の成田空港でThinkPad X260 WIFIが快適


余裕を持って朝一で成田空港に来たら入国審査はもちろん、
チェックインカウンターすら開いてない(笑)

成田空港でThinkPad X260 無料WIFIが快適

ま、焦るよりはいいでしょうということで
ほぼ貸切状態のベンチに座ってThinkPad X260。

早朝の成田空港貸切ベンチでX260

日中はつながりにくいこともある空港内の無料WIFIもこの時間なら快適。

第2ターミナルのチェックインカウンター付近では
SSIDがFreeWiFi-NARITA(2.4G)

スピードは下り8Mb/sとまぁまぁ速い

成田無料WIFI 回線速度

出国手続きを済ませ、接続可能なWIFIを探してみると・・・
2.4Gが無表記なSSIDが出現した。

成田出国手続きゲートをすぎるとつなげられるWIFIが増えた

SSID:FreeWiFi-NARITAにつなげて
WIFI速度を計測すると上り下りとも30Mb/s超え。


成田無料WIFI 高速

エクセルシオールカフェでコーヒーをすすりながら
出国前に一作業がはかどりました。

X260を持ち運んでいるといろんなWIFI電波状態がありますけど
どこでも仕事が出来るのはありがたいですね。


ThinkPad X260が届いた X250からの買い替え、持ったときの安心感が違う


ThinkPad T460sとX260を持って出国前にホテルに前泊


2017年最初の旅はフィリピンのセブ島へ。
飛行機が朝早い時間なので成田空港近くのホテルに前泊。

ThinkPad T460sとX260を持ってまずは旅前にホテルに前泊

バッテリー充電や動作確認も含めて
14インチのThinkPad T460sと12.5インチのThinkPad X260両機種を開く。


HDMIケーブルをカバンに入れているので
ちょっとした宿泊でもデュアルモニタにする癖ができました。

T460s HDMIケーブルを東芝のレグザにつなげてデュアルモニタ

T460sとワイヤレスでマルチモニタが出来るWiGigドックも持ってきてますが前泊のホテルで荷ほどきするのは面倒なので・・・

T460s本体のHDMI端子から小さな東芝のレグザにつなげてテレビのスピーカーからamazonプライムミュージックを流しつつ写真の整理中。


旅先にはお馴染みのレノボ65WトラベルACアダプターも現地に着く前から活躍してます。

ホテルの部屋でレノボ65WトラベルACアダプター

卓上にコンセントがある場合、
プラグ一体型でかさばらないのがお気に入り。
必ず旅先に持ってきてるアクセサリーです。


ハンドリングに優れたThinkPad X260は持ち歩きながら使う予定。

ThinkPad X260はモバイル専用

セブのホテルにはプールやビーチがそばにあるらしいので、
プールサイドや海辺にX260を連れて一仕事する時間があればいいな。


ThinkPadの王道ともいえるX260

ThinkPad X260と遠くにT460s

昨今、X1 CarbonやEシリーズに押され気味だったTシリーズだったけど、人気復活の立役者ともいえるT460s

この2機種があれば旅先も鬼に金棒ってところでしょう。


成田エクセルホテル東急 WIFIスピードが遅いので・・・


朝から海外のため、成田のエクセルホテル東急に前泊。
ThinkPad T460sをホテルの無料WIFIにつなげたら・・・

成田エクセルホテル東急でT460sをWIFIにつなげたら・・・

遅すぎてwebサーフィンさえストレスを感じる。

回線速度を計測してみると・・・

成田エクセルホテル東急 無料WIFIスピード

下り0.26Mbpsって昔のADSLより遅いですね(笑)

時間帯が22時頃だったので、混雑してるんでしょう。
ホテルの回線が細いとゴールデンタイムにスピードが極端に遅くなることがあります。


こんなときはOCNモバイルONEの格安SIMが入ってるスマホでテザリング。

T460sホテルの部屋でスマホをテザリングしてwebサーフィン

テザリングするとバッテリーの消耗が激しいので、
充電が速いThinkPad T460sのPowered USB3.0につなげて充電中

普通のUSB3.0端子よりも高速に充電出来るのが便利です。


OCNモバイルONEの速度を計測してみると・・・

OCNモバイルONE成田付近速度測定

下り5.16Mbpsでホテルの約20倍のスピード。

webサーフィンはストレスを感じず、
amazonプライムミュージックで音楽を流しながら作業できます。


ホテルの回線が遅すぎる!ってのはよくあることで、
そのたびにスマホのテザリングをオンにして使ってるわけですが・・・

最近はX1 Tabletの内蔵LTEの便利さを体験してしまい
スマホのテザリングすら面倒になってます(笑)

Thinkpad T460sにはSIMスロットはあるけど、、、
日本国内販売のThinkPadはLTEに非対応。

T460sSIMスロット

いちいちスマホを出さずにノートPCに格安SIMを差しこんでネットができればかなり便利なんですが。

もうすぐ発売されるであろうT460sの後継機
ThinkPad T470sに期待してみることにします。


ThinkPad T460sのレビュー・感想


ThinkPad T460s メモリ交換、増設方法 最大の24GBへ【動画あり】


ThinkPad T460sのメモリを交換して最大の24GBに。
1分以内で交換の手順がざっとわかるよう動画をアップしました



ThinkPad T460s メモリの交換・増設方法 DDR4 最大24GBか20GB


T460sのメモリを交換してみて感じたのは・・・

わずか、5分ほどで交換が完了して、
ここ、2,3年で発売されたThinkPadの中で一番気軽に交換できる。

ThinkPad T460s メモリ最大の24GBへ

過去モデルではかなり開けにくかった裏蓋がストレスなく開けるのが大きいですね。


T460s購入時は交換できないオンボードメモリ8GBのみにして
余ってるDDR4メモリを使い回して自分で増設する予定でした。

購入時のオンボードメモリ(基板に取り付けられているメモリ)
4GBか8GBはあとから、交換や増設するのは不可能ですが・・・

T460sには交換、増設可能な空きメモリスロットが1つあります。
ここに4GB、8GB、16GBのメモリを自由に入れ替えができます

T460sにはオンボードのほかに1スロットメモリが差し込める

最初はThinkPad X260から取り外したサムスンの8GBメモリを挿して
オンボード8GB+スロット8GBの16GBで運用。

そのあともちょこちょこと
動作確認などでメモリを入れ替えて・・・

今回、16GBのメモリに差し替えて、最大24GBのメモリ容量に。
オンボードメモリが4GBなら、最大は20GBになります。

頻繁にメモリを入れ替えるのは過去にあまりないことで、
気軽に分解ができるメリットを生かして
T460sを用途に合わせてスペックを最適化できるのが便利です。


昔ほど、メモリの相性問題も少なくなってきているようで・・・

T460sではトランセンド、クルーシャル、サムスンのメモリが認識した

クルーシャル16GBトランセンド16GB、X260購入時についていたサムスン8GBメモリ

いずれもT460sで問題なく認識しました。

ThinkPad X1 CarbonやX260などほとんどのモバイルThinkPadのメモリ最大は16GB。

オンボードを含めて最大で20GB以上メモリを積めるT460sは玄人、プロフェッショナル向けともといえるでしょう。

Tシリーズがプログラマーや開発者などコアなヘビーユーザーに愛されるのも納得です。

これで、T460sのメモリーが最大の24GBになったので、
動画編集やグラフィックソフト、ブラウザのタブなどなど・・
気にすることなく、ばんばん立ち上げられるのがうれしいですね。


メモリ交換が簡単なThinkPad T460sをさらに詳しくみる


ThinkPad X260 しきい値 バッテリー充電のタイミングを設定出来るように


Windows10のThinkPadでバッテリーしきい値の
充電タイミングが設定出来るようになった

ThinkPad X260 X1 Carbon 充電しきい値  充電のしきい値が設定出来るように

ThinkPad X260で購入時からインストールされている
Lenovo Settingを立ち上げると、更新のおしらせが・・・

ThinkAPSPackageをインストールするかと聞かれたのでOKボタン。

レノボセッティングを更新

インストールに30秒~1分ほど待ちます。


更新が完了するとウインドウがでてくるので、X260を再起動

レノボセッティングが更新されたら再起動

再びLenovo Settingをたちあげて、
左サイドバー「電源・省電力」をクリック

バッテリーしきい値が設定出来る下の方にスクロール
カスタムのバッテリー充電しきい値をオンにすると・・・

レノボセッティングを立ち上げてしき値の項目をオンに

今までは充電停止のみ設定出来たのが
充電を開始する%も設定出来るようになりました。

デフォルトでは充電しきい値の5%下に充電開始が設定されてます。

しきい値を80%に設定していれば
バッテリー容量が75%になると充電開始されるということです。

チェックを外せば
次の時点を下回った場合に充電を開始:項目が設定可能になる。

チェックを外す
5%刻みでしきい値の設定ができる

5%きざみで40%~95%の間に充電開始が設定出来ます。

バッテリー充電のしきい値を設定してThinkPadを使っていると
充電容量が自然放電で減ってきて・・・

5%減った時点で勝手に充電されるのが結構気になってました

せっかくバッテリーの寿命を長くしたいのに
5%減った程度でいちいち充電しなくてもいいのに・・・
というちょっとした不満が改善されました。


ユーザーの声を反映


ThinkPad X230以前のユーザーにはお馴染みの充電開始タイミングの変更で、昔はThinkVantage 省電力マネージャーで設定出来た項目です。

ThinkPad X240 Windows8からしきい値の設定ができなくなり、

Windows側のバッテリー設定が最適化されてるから大丈夫と、
当時のレノボの見解でした。

ThinkPadユーザーからは強くしきい値設定の要望があって、2年前に参加したレノボプレミアムクラブのイベントでも話題に上がっていたほどです。

ThinkPad 充電のしきい値設定が元に戻った!

今回、ようやく元に戻った!という感じ。

ThinkPad X260だけでなく、Windows10搭載のX1 Yoga、T460s、X1 Tabletでも充電開始の設定が出来るようになってました。

内蔵バッテリー搭載で交換が簡単にできない機種が増えてきてるだけに、充電のしきい値や充電開始の値が自由に変更できるのはうれしいですね。


ThinkPad X260 X250 バッテリー充電のしきい値を設定する Windows10


ThinkPad T460s ファンの音 X260に比べて静か


12.5インチのThinkPad X260を使ったあとに
14インチのT460sで同じような作業をすると・・・

ファンの音が静かに感じる

ThinkPad T460sファンの音が静か X260と比べて余裕がある

どちらの機種もテキストエディタやエクセルやワード、webサーフィンといった、CPUに負荷のかからない作業ならほぼ無音。

ファンが回ってないのではと思うほどです。

corei7 6600UのCPU使用率が20%を超えてくると、T460sやX260のファンが回って、左側面の排気口から風が出てきます。

ThinkPad t460s とX260 ファンの音が違う

全画面にしてYouTubeのフルHD 1080pの動画を再生すると
だいたいCPU使用率が20%前後、

T460sはさほど、ファンの音が気にならないのに対し、X260はそこそこ、大きめの音がします。

ちなみに4K動画を再生すると、CPU使用率が50%~80%になり、さらにファンが高速で回転して音がします。

ThinkPad T460sで4K動画を再生したときは・・・

大音量で音を流していればさほど気にならないんですけどね。


T460sとX260の音の違いは何だろうと、両機種のファンを比べてみる。

ThinkPad T460sとX260のファンを比べてみる

T460sのファンはX260より二回り大きく、
熱を排熱させるヒートシンクにも余裕があります。

よく考えれば当然で、12.5インチより14インチの方がスペースがありますから、その分大きなファンを搭載できるということですね。

負荷がかかるとCPUが発熱し、
温度を下げるためにファンが回るけど、

大きければ大きいほど、少ない回転数で
効率的に冷却できるからT460sのほうが静かなんでしょう。

ThinkPad T460s 排気口

ファンの音の大きさは当然ながら周囲の温度にも影響してきます。
真冬の今は室温が20度ぐらいなので真夏よりも圧倒的にファンが静か。


どんな音がするの?

参考までに、
T460sのファンの音がどんな感じなのか動画を撮ってみた。




排気口近くにダイナミックマイクを置いたんですが
あまりに小さかったので、編集ソフトでゲインを上げてます。

音の大きさという点では全く参考になりませんけど・・・
こんな音がするんだ程度に聞いてみてください。

CPUに最大の負荷がかかる
動画エンコードはかなり大きな音がしますが

通常作業時は無音で、BGMや動画を
再生しながらでもあまり気にならないですね。

周りが寝静まった夜中だと
キーボードををたたく音だけが響いていい感じ(笑)

一昔前のノートPCはCPUの発熱が大きく、
常にファンの音がして気になったものですが・・・
あの頃から比べると圧倒的にT460sは静かです。


ファンが静かなThinkPad T460sをさらにくわしく見る


ThinkPad X230ユーザーがマウス m-Book MB-B502Eのキーボードを触って一言


12.5インチのThinkPad X230をメインPCに使ってる友人。

今回、新たな事業を始めるとのことでマウスコンピューターの
15.6インチm-Book MB-B502Eを隣でセットアップしている。

ThinkPad X230ユーザーがマウスのm-Book MB-B502Eキーボードをたたいてみたら・・・

キーボードのキーをたたいての第一声が・・・

ちゃっちいなぁ・・・とのこと。

ThinkPad X230の打鍵感になれている友人だけに
材質や打ち心地が安っぽいと感じるみたい。

ThinkPad X230 日本語キーボード

初めて触るPCがMB-B502Eのキーボードなら別に普通でしょうけど・・・

ThinkPadのキーボードにどっぷりつかって、他社の格安PCのキーボードを触ると打ちにくさを感じることが多いです。

マウス m-Book MB-B502E のキーボードテンキー部分

15.6インチだけど、キーピッチ(キーの間隔)が狭く、
押し心地もペチペチしていてしっくりこないですね。


ただ、驚くなかれ!このm-Book MB-B502Eは
ビックカメラでポイントを入れると3万円台だったそう。

X230とマウス m-Book MB-B502E

CPUはセレロンだけれども、240GBのSSDを搭載して
最低限は押さえてる感じの構成。

友人の新たな事業ではwebブラウザでの文字や数字入力を中心とした特定の作業らしいので割り切って使うには十分ですね。


手持ちの14インチThinkPad X1 Yogaと並べてみると、やはり15.6インチは大きい。

ThinkPad X1 Yogaとマウス m-Book MB-B502E

MB-B502Eは重量が2.2kgほどだそうで男性ならその気になれば多少は持ち運べるし、3万円台にしては作りもしっかりしてます。

最近、アイドルの乃木坂46をCMに起用して、
そこら中で見かけますから、かなり売れてそう。

特定の作業専用PCだったり、
ライトユーザーにはいいんじゃないでしょうか。

でも、ThinkPad X1 Carbon 2017が発売されたら購入して、そっちを使えばいいかもと話してました

マウスの3万円台PCからThinkPad X1 Carbonって・・・
価格も性能も重量も全然違いますね(笑)


キーボードが静かなThinkPad X260 飛行機内でも安心


ThinkPad X260 メモリ16GBに交換してよかった マルチモニタ時の安心感が段違い


事務所に1日こもってパワポで資料作り。
X260をウルトラドックにドッキングして
デュアルモニタで運用してます。

X260 メモリ最大の16GBにしてよかったことは?

ここ最近は寒さのせいか持ち運ぶよりも自宅や事務所で腰を据えてデスクトップ代わりにX260を使うことが増えてきました。

12.5インチのX260の画面と外部モニタの24.1インチ2枚のディスプレイがあると表示範囲が広がって作業効率が格段にアップ。

と同時に広くなると必然的に立ち上げるソフトが増えてきます。

ThinkPad X260 ウルトラドックとワイヤレスキーボードでデュアルモニタ環境

購入時のX260のメモリは8GB
その後、16GBのメモリに自分で交換してよかった。

ブラウザのタブをたくさん開いたり、ソフトを複数同時に立ち上げながら作業するならメモリ容量は最低でも8GBはほしいところです。


X260を使ってこもり仕事をしているとブラウザはChromeとFirefox2つタブの数は50個は優に超え・・・

さらにパワポ資料を作るために、写真管理ソフトを始めPhotoshopやIllustratorのグラフィックソフト。

動画もちょっと入れたかったので動画編集ソフト。

長時間の作業でマンネリしてくるとamazonプライムミュージックを開いてBGMを流してみたり・・

やりたい放題ソフトやブラウザのタブを開いてどのぐらいメモリを使ってるのか確認したら・・・

X260 複数のソフトを立ち上げてメモリ容量を確認してみると・・・

16GBの半分すらみたない程度でした。

搭載メモリが8GBだとぎりぎりのところですが、最大の16GBにしておけば少々のことではメモリ容量を気にしなくていいことがわかり一安心。

これで心置きなく、複数のソフトを同時に立ち上げっぱなしにしながら作業に没頭できます。

x260アプリの切り替えもメモリ16GBならさくさく

アプリの切り替えや写真の貼り付けなど、メモリ容量不足から来るもっさり感も全く感じないので、メモリを16GBにしておいてよかった。

今日(2017年1月24日)現在X260に対応するDDR4のノートPC用16GBのメモリは一時期よりちょっと値上がりしてます。

おそらく、円安傾向が強まったためでしょうけど、私が初めてDDR4の16GBメモリを購入したときは17000円程度でしたから、まだまだ安いですね。

Crucial [Micron製] DDR4 ノート用メモリー 16GB ( 2133MT/s / PC4-17000 / CL15 / 260pin / DR x8 Unbuffered SODIMM )


メモリーは為替の影響をもろに受けやすいので今後さらに値上がりする可能性もありますから、ここだ!と思ったときに交換するのがいいかも。


ThinkPad X260 メモリ交換のやり方 8GBから16GBへ 1分動画ダイジェスト


ThinkPad T460s 内蔵GPUと外部GPU Geforce930Mをソフトによって切り替えるには?


ThinkPad T460sの外部GPU NVIDIA Geforce930M搭載モデルではプログラムによってCPUに内蔵されているグラフィックスと外部GPUが自動的に使い分けられている。

ThinkPad T460s iGPUかdGPU ソフトによって自動選択される


内蔵GPUと外部GPUどちらが既定か確認

デスクトップで右クリックして・・・
NVIDIAのコントロールパネルを立ち上げる

右クリックしてNVIDIAコントロールパネルを立ち上げる

3D設定の管理に移動すると、ソフトによってiGPUかdGPUいずれか自動選択されるのがデフォルトの設定になっている。

3D設定の管理に移動

私のPC環境ではAdobeのIllutratorやMediaEncorderはGeforce930Mで起動、それ以外のブラウザやスカイプなどは内蔵グラフィックの設定になってました。

ブラウザはiGPUでいいとして、動画編集ソフトのPremiereやAfterEffectsも内蔵グラフィック設定になってる・・・

プログラム設定のタブでアプリごとに外部、内蔵グラフィックのどちらを既定にするか設定ができる。

プログラム設定でソフトごとにグラフィックスを選択できる

PremiereとAfterEfects、Photoshopを統合型グラフィックスから外部GPUへ変更しました。

動画編集ソフトや描写性能が問われるCADなどのソフトは外部GPU Geforce930Mの設定にしておくといいでしょう。


ソフトに限らずすべて、Geforce930Mで使いたければ・・・

T460sですべてGeForce930Mを使いたければグローバル設定から

グローバル設定の優先するグラフィックプロセッサを自動選択から高パフォーマンス NVIDIA プロセッサにして適用を押せばすべてが外部GPUでの起動となります。

バッテリーでT460sを使っている場合、内蔵グラフィックと併用しているときより、駆動時間が短くなるかも。


ThinkPad T460sが届いた タッチパネルの使用感と外部GPU搭載の重量