ThinkPad X240 X240s X230プレミアムケース X200sも入れてみた

ThinkPad X240s/X240/X230 プレミアムケースが届いた プレミアムケースをさらに詳しく見る



日本製のThinkPad専用プレミアムケースが届いたので
ThinkPad X240s X240 X200sを入れてみた


ThinkPad X240s/X240/X230 プレミアムケース 牛革にThinkPadの刻印が
牛革部分にThinkPadの刻印。控えめな主張で
高級感を演出していてかっこいい。

赤のステッチ(縫い目)がThinkPadらしさも出していて
デザイン的にもこの赤の線が全体を引き締めてます。


まずはThinkPad X240sを入れてみた。

ThinkPad X240s/X240/X230 プレミアムケース X240sを入れてみる
当然ながら、すっと、入って、取り出しもスムーズ


ThinkPad X240sの薄さから結構余裕がある。

ThinkPad X240s/X240/X230 プレミアムケース X240sをいれたら余裕がある

ケース内でX240sが踊るかなと思ったんだけど
内側の赤い部分に低反発の衝撃吸収素材がうめこまれいて
ケース内に入れるとかちっとX240sがはまりました。

本体の保護性能という点でも申し分ないです。



ThinkPad X240 + 6セルバッテリーを入れてみる

ThinkPad X240に6セルバッテリーをつけると本体下に飛び出るけど
プレミアムケースに入れるときにその影響はあるのか気になるところ。

ThinkPad X240s/X240/X230 プレミアムケース X240の6セルバッテリー搭載でも問題なく入る

結構ゆとりを持って作られているので
6セルバッテリーでも全く問題ない。


ThinkPad プレミアムケースに X240 6セルバッテリーを入れてみる

ケース内側にある伸縮性のあるメッシュポケットに
デジカメ、ACアダプタ、電源コード、wifi端末を入れてみた

ThinkPad X240s/X240/X230 プレミアムケースの内側の小物入れ
内側のポケットは伸び縮みするメッシュ素材なので
それこそ、ちょっと無理しようと思えば何でもはいります。


メッシュ素材なんだけどポケットの中身はあまり見えない。

ThinkPad X240s/X240/X230 プレミアムケースの内側の小物入れは伸縮性のあるメッシュ

ただ、入れすぎると本体の形が変形してしまうのでかっこわるい
必要最低限、ACアダプタぐらいにとどめた方がいいかも

ThinkPad X240s/X240/X230 プレミアムケースの内側の小物入れにはあまり入れない方がいいかも

ThinkPad X240と内側ポケットにいろいろ入れて持ってみる

ThinkPad X240s/X240/X230 プレミアムケースを持ってみる

スーツにしか合わないかなと思ったけど
こうやって持ってみるとカジュアルな服装でもいい感じ

ちょっと近くのカフェまでいって作業しようと思ったときに
プレミアムケースに入れていくのは身軽でいいですね。


ちょうど持ち手のところがゴムのような素材で滑りにくく出来てます。
持っているときにがっちりとホールド感があって安心。

ThinkPad X240s/X240/X230 プレミアムケース ちょうど持ち手になるところがゴム素材で滑りにくく持ちやすい



Thinkpad X200s+9セルバッテリーは入るか?

9セルバッテリーを搭載したX200sは縦に出っ張っているので
この寸法だとプレミアムケースに入るのか?入れてみた

ThinkPad X240s/X240/X230 プレミアムケース X200s+9セルバッテリーも入れてみた

縦に長いのでさすがにちょっとはみ出る。

ThinkPad X240s/X240/X230 プレミアムケース X200s+9セルバッテリーも入れてみたらちょっと出っ張る

でも、ぎりぎりでふたが閉まった!
マジックテープでふたを止めるんだけどぴっちり。

ThinkPad X240s/X240/X230 プレミアムケース X200sを入れるとぎりぎりで閉まる

ただ、X230以前の機種をプレミアムケースに入れると
本体の厚さがある分、プレミアムケースの形がちょっといびつになる

ThinkPad X240s/X240/X230 プレミアムケース X200s+9セルバッテリーも入れるとケースの形がちょっとかっこわるい
ThinkPad X200sでも入らなくはないけど、X240を入れたときの
スマートなフォルムと比べてしまうといまいちかな。



マチのほんの一部分に牛革が使われてるだけだけど
それだけで、かなりプレミアム感があります。

仕事が出来るビジネスマンが持つケースというイメージ

内側のメッシュポケットもよく出来ているので
財布などの小物を入れて、プレミアムケース一つでちょっとそこまでとか
社内での移動にいいかもしれないですね。


ThinkPad X240s/X240/X230 プレミアムケース

プレミアムケースプロモーションページ



ThinkPad X240 X240sのACアダプタを追加で購入するならこれ

ThinkPad X240 X240sのACアダプタを追加で買うなら・・・

ThinkPad X240sのACアダプタが1個しかなくて
持ち運ぶときにいちいちコンセントから抜いて線を束ねて・・・

というのが面倒なので追加で
X240sの「ThinkPad 45W AC アダプター」を買った。


レノボの周辺機器のページに行って探したけど
どれがThinkPad X240 X240sのACアダプタかわかりづらいので
個別ページにリンクを張っておきます。

ThinkPad 45W AC アダプター
※ThinkPad X240,X240s,T440sに使えます


周辺機器が大幅割引になるクーポンも忘れずに!
周辺機器の現在の割引率を見てみる


2つACアダプタがあると、 自宅据え置きようと
持ち運び用のACアダプタと使い分けが出来る。

いちいち外出時にACアダプタを束ねたりせず、
鞄に入れっぱなしに出来るので便利になります♪

自宅とオフィスで使ってるという方ならば
自宅用とオフィス用で2つACアダプタがあると便利ですね


ThinkPad 45W AC アダプター
※ThinkPad X240,X240s,T440sに使えます


ご質問・お問い合わせフォームを設置しました

ThinkPadの選び方 ご質問はこちらから
ThinkPad やパソコンに関するご質問、お問い合わせはこちら


ご質問・お問い合わせフォームを設置しました。

何かと、パソコンのことについて
周りの友人から聞かれることが多いので

このサイトを訪れてくださる
あなたのお役に立てればと思い、設置しました。

激励・サイトのご感想もお待ちしてます(笑)


ThinkPad やパソコンに関するご質問、お問い合わせはこちら


ThinkPad X240とX240s SSDとHDD 起動時間の違い【YouTube動画】


通常のHDD(ハードディスク)と
SSD(ソリッドステートドライブ)
電源を押してからの起動時間を比べてみた




ThinkPad X240のスペック・仕様を詳しく見る


ThinkPad X240のOSはWindows8.1
ThinkPad X240sのOSはWindows8です。

Thinkpad X240 SSDに慣れるとHDDには戻れない

どちらも起動は速いけど、
HDDを搭載したX240がワンテンポ遅れる。

ただ、実際に使ってみるとHDDを搭載したThinkPad X240は
起動してから落ち着くまでが時間がかかって

起動直後に右クリックしたり、
ストアアプリを立ち上げたりすると動きがもっさりします。


ブラウザの動きやフォルダを単に開くのも
かなり遅く感じてしまいます。

半年間、SSDのThinkPad X240sを使っているので
この遅さは若干、いらだちます 笑

やはり、一度SSDのスピードを味わうと
元のHDDには戻れないようです。


ThinkPad X240をさらに詳しく

ThinkPad X240 SSD換装準備でSanDiskのSSDとUSBメモリを購入
X240sのHDDをSSDに換装


ThinkPad X240 バッテリー駆動時間を実測 フロントバッテリー+リアバッテリー6セル(72Wh)

Thinkpad X240 バッテリー駆動時間は?
バッテリー駆動時間が半端ないThinkPad X240


ThinkPad X240のバッテリー持続時間、実測結果は・・・

18時間59分5秒 でした
(バッテリー容量100%から1%になるまでの時間)


ごく一般的なパソコン利用を想定して

ディスプレイの明るさは40%に設定
電源プランは「バランス」を選択

ネットサーフィンを20秒に1回(WIFIで接続)、
キーボードを3秒に10キーを打つ環境で測定しています
(バッテリーベンチーマークソフトbbenchを使用)

測定に使用したThinkPad X240の仕様・構成はこちら


測定に使ったX240に搭載したバッテリーは
フロントバッテリー(内蔵)とリアバッテリー(取り外し可能)を
直販サイトでカスタマイズしています。


Thinkpad X240 のフロントバッテリー・リアバッテリーはオプションで選択が必要

ThinkPad X240のバッテリーをカスタマイズ


フロントバッテリーはレノボの直販で
別途、選ぶ必要があります。

パソコン内部に配置されるバッテリーで取り外しができません。
購入後に、つけたいと思っても追加できないのでご注意を。

Thinkpad X240フロントバッテリーは内蔵で取り外しできない

リアバッテリーは取り外し可能な外付けバッテリーで
6セル リチウム・ポリマーバッテリー (72Wh)を選びました。

ThinkPad X240 リアバッテリーを6セルにすると本体下に飛び出る

6セルバッテリーを選ぶと、
バッテリー駆動時間が半端なく長くなる反面
バッテリーが本体から下にはみ出ます。

ThinkPad X240 リアバッテリーを6セルにすると本体が傾斜してキーボードが打ちやすい
ただ、バッテリーが飛び出ることで本体が斜めになるので
個人的にはキーボードに傾斜がついて打ちやすいんですよね。


ThinkPad X240のバッテリーの減り具合は
最初に取り外し可能なリアバッテリーから減っていって、

リアバッテリーが5%まで減ったら
今度はフロントバッテリーに自動的に切り替わります。


交換がすぐに出来ないフロントバッテリーを
長持ちさせるためのX240の仕様だそうです。



リアバッテリー・フロントバッテリー別にも
駆動時間を計測してみました


フロントバッテリー:5時間29分18秒
リアバッテリー:13時間29分47秒

※リアバッテリーは最大容量の6セル リチウム・ポリマーバッテリー (72Wh)を使用


昨日、ThinkPad X240が届いて、
夜からバッテリー実働時間のチェックを始めたんですが

今日の夜になってやっとバッテリーが切れました 笑
次元の違うバッテリーの持ち時間です。


いつもお世話になってる社長!さんも
ThinkPad X240を使っていて、

ThinkPad X240は、人間より働ける

バッテリー持ち時間もついにここまで来た


とおっしゃっていたのを実感しました。


携帯性とバッテリー持続時間のバランスを見ながら
ThinkPad X240の最適なバッテリー組み合わせを選んでみてください。


バッテリー駆動時間が半端ないThinkPad X240

ThinkPad X240が届いた 結局、納期はこれだけかかりました


ThinkPad X240が届いた 結局、納期はこれだけかかりました


2月21日に注文していたThinkPad X240が
3月19日の今日、届きました

Thinkpad X240が届いた 注文してから届くまでの時間は・・・ ThinkPad X240のスペック・仕様を詳しく見る


X240が納品までにかかった日数は 26日

注文してから納品までの経緯をまとめると

最初は11日営業日だった納期が伸びて・・・
ThinkPad X240の納期は?実際には遅れる可能性も

そして納期が早まって・・・
購入したThinkPad X240の納期が早まった

最終的には2日伸びて、今日到着しました。



ThinkPad X240今現在の納期は・・・

レノボショッピングの直販モデルのページに
今現在のThinkPad X240の納期が明記されています

ThinkPad X240 納期を確認

ThinkPad X240の納期を確認する


消費税増税&WindowsXPサポート終了が重なって
ThinkPad X240は売れに売れてるようですので

3月~4月上旬までは直販モデルページに書かれてる納期は
あまり当てにならないかもしれません。



レノボだけじゃなくて各パソコンメーカー
特需で爆発的に売れてるみたいなので

ThinkPad X240と同じようにカスタムモデルによっては
1ヶ月待ちというのもかなりあるようです。


消費税が8%にアップしたら・・・

15万円のThinkpad X240を買うと4,500円も高くなります。

過去最大級のクーポン割引率も増税前までか
WindowsXPサポート終了日の4月9日前後まででしょう。

通常の割引率に戻ると15万円の本体で
1万5千円、高くなります。

買い換えをお考えの方はお早めに・・・


お得な今のうちにThinkPad X240を手に入れる

ThinkPad X240が大幅割引のクーポン 使い方


東京ドームホテルのラウンジでThinkPad X240s


先日、東京ドームで行われた
ローリングストーンズの来日公演を見る前に
東京ドームホテルのラウンジで時間調整。

東京ドームホテルのラウンジでシュークリームとコーヒー

テーブルにはコーヒーやシュークリームがいっぱいに並べられて
ThinkPad X240sがおけなかったので膝の上にのせて写真撮影。

東京ドームホテルのラウンジでThinkPad X240s

スペース上、テーブルの上にノートパソコンを置けなくて
膝の上で作業するってことはたびたびあるんですが

ThinkPad X240sになってから作業しやすくなりました。

というのも、以前使っていたThinkPad X200sは
膝の上にパソコンのぬくもりが伝わってくるし
しかも長時間、のせてると重たいし・・・

X240sを持ち運ぶようになってから
そんな不満もすっかりなくなりました。

ちょっとしたことですけど
ThinkPad X240sに替えてよかったなと思う小さな幸せです。


ThinkPad X240sのレビュー 開けた瞬間、持ち運びたくなったウルトラブック


女子が語る 新しい ThinkPad X1 Carbon キーボードの打ち心地


先日、新しいThinkPad X1 carbonユーザーである女子友達に会って
何かと話題になった本体を触らせてもらいました。

新しい ThinkPad X1 Carbon キーボードのうち心地は?

キーボードの打ち心地など話していたら、
そのときの様子を彼女が記事にしてました。


新しいThinkPad X1 Carbon、旧タイプと比べてキータッチが向上


仲間内では「姫」の愛称で呼ばれていて
愛されキャラな、お仕事仲間です。


記事内で「ThinkPad先輩」と私は名付けられてるんですが
普段、そんな呼ばれ方はしてません(笑)

なんかすごい違和感あるな~~~と
記事を読んで笑ってます。


新しいThinkPad X1 Carbonのことについてもっと知りたければ
コメントに質問を入れると彼女が答えてくれるそうです。

使いづらそうなキー配置の英語キーボードを選んでるところも
姫らしくって、かなりチャレンジャーですよね(笑)

実際、X1 Carbonを使ってみてどうなのか
女子視点からの記事が参考になりますよ~~


新しいThinkPad X1 Carbonに買い換える
女子視点でのぶっちゃけた記事が参考になります


ビジネスマンにはやっぱりThinkPadが人気


東京ビックサイトでThinkPad X240sを使って一仕事したあと、
業者さん同士のビジネス系のイベントに参加してきました。

もともと、ThinkPadはビジネス向けに作られたパソコンですから
ビジネスの現場にくると、かなり、ThinkPadの愛用者率が高くなります。

ビジネスマンが愛するThinkPad

ThinkPad X230を広げて2人で画面を見ながら商談していたり、
一人黙々と、新しいThinkPad X1 Carbonに向かって作業してる人もいました。

セミナーでプロジェクターにつながってるPCがThinkPad T430sだったり
普段は見られないほどのThinkPadユーザーに出会えて
勝手に親近感を覚えてました(笑)


セミナーにも参加してきましたが
Thinkpad X240sをメモ帳代わりに使ってます。

セミナーで使うPCは小さいThinkPad X240sが便利

狭い机のスペースでPCをひろげるなら
12.5型のThinkPad X240sやX240はかなり便利です。


ウルトラブック化して本体が薄くなったため
キーボードのキーストロークが短くて
タイピングの音を静かにおさえられます。

前に使っていたThinkPad X200sだとどうしても
ガチャガチャとキータイピング音がうるさくなっていた。。。


多くのビジネスマンがThinkPadを使ってる理由は

丈夫なボディ、赤いぽっちのトラックポイントや
打ちやすいキーボードなど操作性が抜群だったり

ハイスペックなのにかなりお値段が抑えられていて
コストパフォーマンスが高いっていうのが
ビジネスの現場でThinkPadをよく見る理由じゃないでしょうか


ビジネスマンに愛されるThinkPad X240をさらに詳しく

ThinkPad X240が大幅割引のクーポン


ThinkPad X240 SSD換装準備でSanDiskのSSDとUSBメモリを購入


予定では明日(3月15日)にThinkPad X240が届くので
SSDに換装するため、SanDiskのSSD 256GBを購入しました。

SanDiscのSSDが安くてびっくりした
【Amazon.co.jp限定】SanDisk SSD UltraPlus 256GB 2.5インチ


256GBのSSDなのにえっ?というお値段。
そのため、しょっちゅう在庫切れになってます。

SanDiscといえば業務用カメラ業界(映像業界)では
SDカードやコンパクトフラッシュなど
かなりの確率で利用されてるメーカー

データを消すことが許されない仕事の現場では
信頼性の高いSanDiskのメディアがよく使われてます。


ふと、商品の仕様を見ていたらこんな表記が・・・

信頼性(平均故障間隔) : 200万時間


200万時間って(笑)

年数に換算すると228年になるんだけど
そんなに壊れないってこと?!


そうだとしたらさすがサンディスク(笑)

メーカー3年保証もついてるので
万が一の場合も安心です。


リカバリーメディアを作るためのUSBメモリも買いました

X240のSSD換装後、新しいSSDにデータを復元するために必要になります。

ThinkPad X240 リカバリーメディアを作るためのUSBメモリ
【Amazon.co.jp限定】Transcend スライド式USBメモリ 16GB (無期限保証)


USBメモリはリカバリメディア専用としてずっとおいておくので
転送速度はUSB2.0の安価なもので十分です。

ThinkPad X240sのリカバリメディアを作ったとき
容量が8GBちょっとだったので16GB以上のUSBメモリがいいですね。


さて、SSD換装の準備が整ったので
あとはThinkPad X240本体の到着を待つのみ

到着次第、ThinkPad X240の使い心地など
レポートしていく予定ですので、どうぞお楽しみに!


ThinkPad X240 SSD換装に必要なものは
SSD本体と16GB以上のUSBメモリ



【Amazon.co.jp限定】SanDisk SSD UltraPlus 256GB 2.5インチ

【Amazon.co.jp限定】Transcend スライド式USBメモリ 16GB (無期限保証)


ThinkPad X240が大幅割引のクーポン