ThinkPad X240s フルHD IPS液晶 マルチタッチとHD液晶の違い


ThinkPad X240sフルHD IPS液晶(1920×1080) マルチタッチ対応と
HD液晶(1366×768)を並べて比べてみる

ThinkPad X240s フルHD IPS液晶 マルチタッチ対応と HD液晶を並べてみる ThinkPad X240sのスペック・詳細情報


横に並べると違いは全くわかりませんが、
フルHD液晶 タッチパネル対応のX240sの方が厚くなる。

ThinkPad X240s FHD IPS液晶と 通常HD液晶の厚さの違い

フルHD マルチタッチ液晶にすることで
液晶部分が2mm厚くなり、約160g重くなる。


X240s FHDマルチタッチのほうが液晶部分が厚くなる

液晶部分が厚く、重くなるメリットとしては
本体全体の剛性がアップしてる感じ

FHD液晶を閉じるときは高級車のドアを閉めるような
重厚感があって、持ったときに安心感があります。


そして、なんと言っても、液晶とベゼル部分が一体となっていて
段差がないのがすっきりしていて、かっこいいですね。

X240s FHD液晶はベゼルと液晶の隙間がないのでデザイン的にもかっこいい

通常ディスプレイのX240sだとベゼルと液晶にわずかな段差があって、
隙間にゴミが入ってとれなくなったりしてます。


マルチタッチ対応 半光沢のIPS液晶は抜群にきれい

X240sのフルHDマルチタッチ液晶は非光沢というよりも半光沢

ThinkPad X240s フルHD タッチパネルは非光沢というよりも半光沢
通常のHD液晶よりはてかりがあります。

電源を落としたときは液晶画面に映り込みがあり、
指紋も若干、目立ちますが、通常使っているときは全く気にならならないです。


逆に言うと、半光沢の液晶の影響で
IPSの良さを最大限に引き出してるかも


X240でマルチタッチ非対応のIPS液晶と比べてみると
同じIPS液晶なんですがマルチタッチ対応の半光沢な画面が
色鮮やかで細かい文字もはっきり見えて、表示がめっちゃきれいです。

ThinkPad X240s FHD IPS液晶は抜群に描写がきれい

写真ではお伝えできなくて残念なのですが
隣に並べた私のHD液晶に比べるとまったくの別物。
あらためて、IPS液晶はいいなぁと感じました。


12.5インチ液晶にフルHDは見にくくない?

最初は12.5インチにフルHD解像度は文字が小さくて焦ったと
CHKAKI(ちかき)さんがおっしゃってました
今では慣れて、全く問題ないそうです。

それよりも、エクセルなどで作業範囲が広がることの方が
魅力的だと話していました。


うーん確かに!X240sのきれいなフルHD液晶を見ていると
12.5インチのフルHDが合わないと思ってる自分ですら
しばらく使ってれば慣れるかもという気になります。


予想以上にタッチパネルが便利

CHKAKIさんはフルHDのX240sが欲しくて購入して
液晶がマルチタッチ(タッチパネル)対応は特に期待してなかったんですが
実際に使ってみると予想以上に便利だそうです。

ThinkPad フルHD IPS液晶 タッチパネルは予想以上に便利
X240sの実機を私もタッチさせてもらいましたが、普通のスマホのように
パソコンの画面を指で操作できるのは新感覚でした。

タッチの感度が高くて普通のスマホレベルで拡大したり、スクロールしたり出来るので
キー操作とうまく組み合わせればかなり便利かも。


カバーに入れず持ち運べる
堅牢性と携帯性が魅力のX240s


CHKAKIさんと初めてお会いするとき、目印代わりに
X240sを裸のままで抱えてカフェに入ってきました。

おお~~~!CHKAKIさんって叫びそうに(笑)

ThinkPad x240sのメタリックでスリムなボディが
パソコンを持ってるとは感じさせないかっこよさがありました。

ノートPCってカバーに入れてさらにバッグにいれて
大事に持ち歩くというイメージでしたが
なるほど!ThinkPadだったら裸のまま持ち歩くのもありかも。

X240sのフルHDマルチタッチを液晶を選んで
若干、重く、厚くなったのは残念だけど、実際に使ってみて、
結果的には大満足だと、CHKAKIさんがお話してくれました。


フルHD IPS液晶に対応したThinkPad X240s

初代ThinkPad X1 CarbonからX240s フルHD IPS液晶に買い替えた理由
ThinkPad X240s フルHDが届きました!とりあえずは簡単な感想を・・・
ThinkPad X240s フルHD高解像度 マルチタッチ非対応はないのか?



初代ThinkPad X1 CarbonからX240s フルHD IPS液晶に買い替えた理由


初代ThinkPad X1 Carbonはキーボードもフルサイズで打ちやすく
かなり気に入っていたというCHKAKIさん

なぜ、X1 cabonよりも一回り小さい12.5インチの
ThinkPad X240s FHD IPS液晶(マルチタッチ対応)に
買い替えたのでしょうか


ThinkPad X240s FHD ips液晶 マルチタッチ対応 オーナーのCHKAKIさん
ThinkPad X240sのスペック・詳細情報


CHKAKIさんは写真を趣味でやってらっしゃるそうで
ご自宅のデスクトップPCは27インチと19インチの
マルチディスプレイ環境で作業しているそうです。

広い作業領域に慣れているから
ノートパソコンも画面が大きい方がいいのではと
当時 初代 ThinkPad X1carbonを購入したそう。

実際に使ってみてフルサイズのキーボードと
X1 Carbonならではの軽さは気に入ったものの、

ノートパソコンで作業するのに
大きな液晶はあまり意味をなさないのでは

といつしか思うようになったとか。

14インチのX1 Carbonだと電車内で
膝において作業するのにもちょっと大きいし、

鞄に入れるのもX1 carbonはかさばってしまい、
結局は持ち歩かなくなってしまったそうです。

とにかく軽くて、持ち運びやすく
どこでも、ぱっと取り出して使えること。


そこでThinkPad X240sが候補に挙がったそうです。

液晶画面はやはりIPSのフルHDがいいということで
4月1日のX240sフルHD対応を待ってから、人柱の意味もこめて
即、ビックカメラのカスタムショップで購入されました。


新しいThinkPad X1 Carbonを選ばなかった理由

なんと言ってもタッチ式のファンクションキー
アダプティブキーがどうも気に入らない・・・

Thinkpad X240sと新しいThinkPad X1 carbon

ファンクションキーは通常のブラインドタッチと違って
F4とF5の間が開いてる部分を指で探りながら場所を確かめたりするので

新しいX1 Carbon だと触っただけで認識してしまう

そうなると、どうしても作業効率がおちるということで
新しいThinkPad X1 Carbonは見送ったそうです。


あと、CHKAKIさんがなぜ、ThinkPadを使うようになったのかをお聞きしたら

会社でとある部署にいたときに
システムエンジニアが全員ThinkPadをもっていたそう。

コストパフォーマンスと堅牢性に惹かれて
ThinkPadを使うようになったそうです。


ThinkPad X240s HD液晶とFHD液晶を並べてみる

ThinkPad X240sになって形ががらっと変わり、
クリック一体型のトラックパッドなど
今までのThinkPadユーザーから批判される部分はあるものの、

コストパフォーマンスと堅牢性、
シンプルな構成とキーボードの打ちやすさ
そして、生産性がぐっと上がるトラックポイント

これらを超えるノートパソコンって
自分の中ではないんですよね。

ThinkPad以外のPCを選ぼうとするとなんだかんだ言って、
ThinkPad 以上に使いたいPCが見当たらないので
結局、ThinkPadに落ち着いています。


フルHD IPS液晶に対応したThinkPad X240s

ThinkPad X240s フルHDが届きました!とりあえずは簡単な感想を・・・


ThinkPad X240s(フルHD IPS)オーナーのCHKAKIさんとお会いしました


当ブログにいつも有益な情報をくださってるCHKAKIさんと
都内でThinkPad X240sを持ち寄って盛り上がっていました。

Thinkpad X240s HD液晶とフルHD液晶を並べてみる ThinkPad X240sのスペック・詳細情報


CHKAKIさんは4月1日に発売されたばかりの
ThinkPad X240s フルHD IPS液晶(マルチタッチ対応)をお持ちでしたので

私が持ってるHD液晶のX240sと比べながら
違いや、使用感などお話を伺いました。

初めてお会いしたんだけど初めてじゃない感じ(笑)


初代ThinkPad X1 CarbonからなぜX240s FHDに乗り換えたのか

実際にX240s FHDを使ってみてどうなのか。


私が持ってるX240sとCHKAKIさんのFHD IPS液晶を
実際に触らせてもらって感じたこともあったので

CHKAKIさんのお話とあわせて
レポートしていきたいと思います。


ThinkPad X240s フルHDが届きました!とりあえずは簡単な感想を・・・


ルノアールでWIFIにつなげる フレッツ光の利用料に疑問を覚える安さ


池袋のルノアールで Thinkpad X240sを広げて
WIFIにつなげながらサイトの修正とアップをしてました。

喫茶ルノアールでWIFI中 ThinkPad X240s

喫茶ルノアールやマクドナルド、スターバックスで
ネットにつなげるときにはいつものクロッシーではなくて

ある格安なWIFIサービスを利用しています

その格安WIFIサービスはこれ


WIFIサービスとしては利用エリアの数と
料金のバランスを考えるとおそらく最安です。

自宅でのネット環境はフレッツ光に加入していて
月額、4,619円払ってるんですが、
このWIFIサービスの月額利用料を知ったとき、

場合によってはカフェを仕事場にして
フレッツ光を解約してもいいんじゃないかと(笑)


電車内などのWIFIスポットエリア外はOCNモバイルONE
軽くメールチェックやスカイプでのやりとりをして、

サイトのアップロードや動画のアップロードなど
しっかり仕事したいときにはマックやスタバを探して
この格安なWIFIサービスを利用しています。

こんなに利用料が安いのに、
データ通信量の制限もなく、使い放題。

場所にもよるけど、しっかりスピードが出るし
利用期間の縛りや解約料もないのでおすすめです。


この月額利用料金で使い放題 WIFI接続サービス


ドコモのXi(クロッシー)通信料が3,614円安くなった


ドコモのデータ通信サービス、クロッシーの通信料が・・・
4,802円から1,188円に

月額、3,614円も安くなりました

年間に換算すると43,368円も節約できる!


その秘密はこれ・・・

クロッシーの通信料を節約する裏技はこれ
モバイルWIFIの通信料を下げるならOCNモバイルONE


クロッシーのデータ端末
OCNモバイルワンのSIMカードに替えただけで
モバイルWIFIの通信料がかなり節約できます。


Xiの通信端末があればSIMカードを購入して
登録するだけでその日から使えます。

契約先はOCNだけど回線はドコモだから
結局、通信品質はXiと全く変わらないんですよね。


OCNモバイルONEはクロッシーsimカードを交換するだけ

通信容量の異なる5つのプランから選べるので
利用状況に合わせられるのがうれしい。

4月からの消費税増税に伴って値上げするかと思ったら、

通信容量がアップした上に
さらに利用料金を値下げまでしてるので


最近、ますます、好きになってきました(笑)

OCNモバイルONEは利用状況に応じて
コースを毎月自由に変更できる。

携帯電話のような利用期間の縛りもないし
意味不明な解約手数料もなし!

気軽に試そうと思って使い始めたけど
便利で通信料も節約できるので、
結局、ずっと使っています。


OCNモバイルONEで通信料を安くする


そうそう、OCNモバイルワンとあるサービスを組み合わせると
外出先でのネット環境はコスパ最強になります。


つづく


都内をドライブしながら、ナビ代わりにThinkPad X240s

Thinkpad X240sをナビ代わりに車の中で使う

ゴールデンウィーク中もバリバリ仕事をしてる
友人たちを手伝うために車で都内を回ってました。

空き時間にはThinkPad X240sを開いて仕事をしたり
ナビの情報が古くてわからない場所を調べたりと
スマホよりも操作が速くてかなり便利。

もちろん、運転しながらは使えませんけど。


普段混雑する都心の道路もGWはガラガラ

渋谷のスクランブル交差点も人は多いけど
車の数は圧倒的に少なくてびっくりするほど快適です。

渋谷のスクランブル交差点もこの日はガラガラ

半日で都内をぐるぐる動いたあとに川崎まで行って
高速をつかわず135kmも動き回れました(笑)


車のような狭い場所で作業するときは
12.5インチで薄くて軽いThinkPad X240sに限りますね。

X240sを助手席に置いて
1日、ナビ代わりに活躍してもらいました。


T440p 液晶はIPSフルHDかHD+どちらがいいのか?

ThinkPad T440pの液晶は IPS フルHD?どれを選ぶか

ThinkPad T440pで選べる液晶は3種類

t440pの液晶は3種類から選べる
14.0型HD 液晶(1366 x 768)光沢なし、LEDバックライト
14.0型HD+ 液晶 (1600 x 900)、光沢なし、LEDバックライト
14.0型FHD IPS液晶(1920 x 1080)光沢なし、LEDバックライト

ThinkPad T440pの液晶をカスタマイズする

レノボの直販でハイパフォーマンスパッケージを選ぶと
HD+ かFHD IPS液晶の2択になります。


今回、購入したT440pはHD+ 液晶 (1600 x 900)を選択しました。

しばらく使ってみて感じたのが

14インチの液晶とHD+(1600 x 900)の解像度 は
文字の大きさと表示範囲のバランスがいい。


同じ14インチのT440sでフルHD IPS液晶を使って作業していたら
確かに作業範囲は広くて、画面はきれいなんだけど、
文字が細かすぎて長時間の作業で目がしばしばしてきました。

T440pのHD+液晶の場合は違和感がなくて、
5時間ほど連続して使っていましたが
目の疲れはさほど感じませんでした。


ThinkPad T440p 色補正をした

14インチの液晶画面にHD+液晶
1600 x 900の解像度がベストマッチなのか?


液晶の解像度は個人差が出るところです。

私は一度視力が落ちて、レーシックをしてるので
なるべく目への負担は和らげたい。

今、視力が1.5あるのですが、
なるべくこの視力を維持したいんですよね。

パソコンに向き合う時間がかなり長いので
フルHD液晶、単体による利点よりも、

目にできるだけ負担をかけずに
PCを使ってどれだけ長く、効率的に仕事が出来るか。


というところに意識がいってますので
今回のような使用感になっています。


ThinkPad T440pのHD+ 液晶でちょっと残念なのが

デフォルトだとディスプレイの色合いがかなり青白い。

さすがにこのままで使うのには違和感があったので
インテルのグラフィックスプロパティで色合いを調整しました。

IPS液晶だと、色鮮やかで原色に近く、精細なので
色の再現性やきれいな液晶という点ではIPSの方がいいです。


IPSと通常液晶の違いはこちらの記事をどうぞ
ThinkPad X240s X240 IPS液晶と普通の液晶の違い


T440pのHD+液晶もIPSに対応してたらいいのですが
今のところ(2014年5月現在)未対応ですので
IPSの液晶が欲しいと思うとフルHD解像度になります。

と、いうことで、

・IPSか否かによる色合い・精細さの違い
・解像度による表示範囲の違い


この2点をベースに考えてT440pの液晶を選択するといいでしょう。


ThinkPad T440pの液晶をカスタマイズする


ThinkPad T440pのACアダプタはCPUとグラフィックスによって変わる


ThinkPad T440pに付属していたACアダプタは
135WのACアダプターでした。

Thinkpad T440pに付属していた135W ACアダプタ

CPUにCore i7-4800MQ プロセッサー (2.70GHz, 6MB, 1600MHz)
グラフィックスにNVIDIA Geforce GT 730Mを選んだため
アダプタの容量が大きくなっています。(購入したT440pのスペック


ThinkPad X240やX240sについてくる
45WのACアダプタと比べると親子のよう(笑)

ThinkPad 135w acアダプタと45w ACアダプタを比べてみる

ThinkPad 135W ACアダプタの重量を量ってみた

ThinkPad T440p 135W ACアダプタの重量

514gと、タブレット並みの重さですが、
ハイスペックなCorei7のCPUとNVIDIA Geforce GT 730Mを動かすには、
このぐらいの重さはしょうがないですね。



ThinkPad T440pのACアダプタ容量は
CPUとグラフィックスの組み合わせによって変わります


CPU グラフィックス ACアダプタ容量
Core i5-4200M
Core i5-4300M
Core i5-4330M
インテル HD グラフィックス 65W ACアダプター
NVIDIA Geforce GT 730M 90W ACアダプター
Core i7-4600M インテル HD グラフィックス 65W ACアダプター
NVIDIA Geforce GT 730M 90W ACアダプター
Core i7-4700MQ
Core i7-4800MQ
Core i7-4900MQ
インテル HD グラフィックス 90W ACアダプター
NVIDIA Geforce GT 730M 135W ACアダプター
※2014年5月2日現在の情報です

追加でT440pのACアダプタを購入する際はご自身の仕様を確認して
電源容量が不足しないようにご注意ください。


ThinkPad 65W スリム ACアダプター
ThinkPad 135W AC アダプター (スリム・チップ)



周辺機器が大幅割引になるクーポン
周辺機器の現在の割引率を見てみる


T440pの厚さとサイズ T440s、X240sとの違い

ThinkPad T440pの厚さ ThinkPad T440pのスペック・詳細情報


ThinkPad T440pとT440sの厚さとサイズの違い

ThinkPad T440p 約 横335x 縦229.1x 厚さ27.9-32.9mm
ThinkPad T440s 約 横331x 縦226x 厚さ20.65mm

T440sと比べて横と縦は4mmほどT440pが大きい程度ですが
厚さが最大で12mm、T440pの方が厚くなります。

T440pの底面を見てみるとわかりますが
真っ平らではなくバッテリー取り付け部分が数ミリ飛び出ています。
(6セル Li-Ion システム・バッテリー(56.16Wh)取り付け時)

ThinkPad T440pはバッテリー部分に数ミリの出っ張りがある

そのため、ほんのわずかですが本体に傾斜があります。

ThinkPad T440pわずかに傾斜がある

12.5インチのThinkPad X240sと
14インチのThinkPad T440pのサイズを比べてみる


ThinkPad T440pとThinkPad X240sのサイズを比べる


厚さという点では親と子供かというほどT440pは厚い

ThinkPad T440pとX240sの厚さの違い

T440pは厚いがゆえにいいところもあって、
ボトムカバーがすぐに取り外せて、メモリやSSDを交換するのが簡単です。


個人的にはSDカードスロットの位置がポイント高い!

ThinkPad T440pはSDカードが出し入れしやすい
T440sやX240s、X240だと側面下部にスロットがあって
一度、本体を持ち上げないとSDカードが取り出せなくて
これが、かなり不便なんです。

T440pのSDカードスロットは側面の上部にあり、
PCを置いたままでも出し入れできます。

一見、なんでもないSDカードの位置ですが
デジカメの画像を頻繁に処理するので、T440pは便利だなと思いました。


厚いだけに性能と拡張性が高いThinkPad T440p

ThinkPad T440pの重さを量ってみた T440sとX240、X240sと重量を比べる
ThinkPad T440sの重さを実測 X240sに比べて持ち運びはどうか


ThinkPad T440p FF14のベンチマーク結果


ThinkPad T440pを使って、ファイナルファンタジーXIV
新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編を起動してみた。

T440pの解像度に合わせて1600×900で測定

ThinkPad T440p FF14ベンチマーク結果

高品質ノートPCの設定でスコアは3084
やや快適という結果でした。


ベンチマーク結果の詳細を見る (テキストファイルが別画面で開きます)



ベンチマークに使ったThinkPad T440pのスペックは

CPU:インテル Core i7-4800MQ(2.70GHz, 6MB, 1600MHz)
グラフィックス:NVIDIA Geforce GT 730M

ThinkPad T440pの詳細なスペック


ThinkPad T440pでFF14のベンチマーク中

スムーズにアニメーションが流れていたので
T440pならばFF14も問題なくプレイできそうです。


FF14がプレイできるThinkPad T440p

ThinkPad T440pが届いた 仕様・スペック