ThinkPadの原点 頑丈な理由はユーザーから返却されたボロボロの700c


ThinkPadの堅牢性の原点ともなる秘話を
研究開発担当 内藤さんが英語で話してます。

ThinkPadのBOSSとも呼べる!?内藤さんの話は開発当時の状況が伝わってきて、なんだかワクワクしますねー。




ThinkPadが最初、A4用紙サイズに収まったきっかけも話してます。
まさか、そんなとこから始まっていたとは。


1992年に発売されたThinkPadの原点ともいえる700c

ThinkPad 700c 1992年に発売されたシンクパッドの原点

当時最大級の10.1型 TFT液晶を搭載し、
ブランドネーム「ThinkPad」が初めて使われた機種。

今から24年前のパソコンとは思えないたたずまい。
キーボードの形状をみると、打ちやすそうでそそります(笑)

ThinkPad 700c 打ちやすそうなキーボード

当時にしてみれば超高価なノートPCを
ボロボロにしちゃうって、すごいですよね。

開発思考を180度変えるきっかけにもなった
ユーザーから返却されたボロボロのThinkPad 700c

もし、ボロボロになってなかったら、今のようにThinkPadが支持されることなく、なくなっていたかもって思うと、当時のユーザーさんに感謝?!ですね。


歴代のThinkPad Xシリーズを使う中で、
コーヒーをこぼしたり、踏んづけたり、落としたり。

あげくの果てに、ビーチでキーボードにこんもり砂を盛ってみたり(笑)

ThinkPad X60sに砂がこんもり

撮影中の予期せぬ出来事だったんですが、当時使っていたThinkPad X60sは海水を含んだ砂にも負けずいまだに起動します。

まさか、こんな状態はThinkPadの開発者さんも想定していないだろうなぁ(笑)

ことあるごとに出るThinkPad堅牢性の秘話ですが、
現副社長、研究開発担当の内藤さんの口から聞けると
これまた、新鮮に感じられるのがおもしろい。



ThinkPad X270 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX270が大幅割引です。