自宅や事務所でも大きさがコンパクト 12.5インチのThinkPad X270


クライアントさんから、m4aの音声ファイルを
mp3に変換してサーバーにアップするよう依頼。

いつもは出先で使うことが多いThinkPad X270だけど
事務所のデスクにて、電源をつける。

ThinkPad X270を使ってm4aからmp3に変換 大きさコンパクトで事務所でも大活躍

こういった細かい仕事が来る時って
なぜか、デスクトップPCでは絶賛、別件の動画編集中だったり
負荷のかかる作業で中断しづらいときだったりする

デスクでもx270のコンパクトなサイズが際立つ

自己中に考えると、今取り込み中だから
細かいことは後にしてくれって所なんだけど・・・

これを後回しにするとすっかり忘れてしまって
後悔することがほとんど。

ということで、ぱっと取り出せて、
12.5インチで場所をとらないX270が事務所でも活躍。


動画編集ソフトのAdobe Premiereにm4aを取り込んで
MediaEncorederでmp3に変換。

X270のCPUは最上位のCore i7-7600Uなので
負荷のかかる作業でも難なくこなせます。

音声ファイルをmp3に変換中

2ファイル、合計5時間40分のm4aをmp3に
変換するのにかかった時間は10分程度。
動画に比べて音声はあっというまですね。

基本的に、音声ファイルの変換は各種フリーソフトが
たくさん出回ってるのでそちらを使った方が軽くて便利。

自分の場合は1年に1回の頻度でノートPCを買い替えるので
ソフトは最低限、いつでも移行しやすくシンプルな構成が好み。

なるべくPC環境を複雑にしないのがモットーなので
動画編集ソフトで音声変換までをこなしてます。


動画編集や音声編集をするのに
CPUのグレードが影響するのはもちろんですが
ストレージの読み込みスピードが重要。

X270ではストレージを爆速のPCIe NVMe SSDにカスタマイズ。
ソフトの立ち上げや素材の最適化、
読み込みの高速化に大きく貢献してくれてます。

ThinkPad X270 PCIe NVMe SSDなら素材の最適化や読み込みが速い

ささっと、X270で依頼された仕事をこなして、
メインの動画制作に戻れたのでした。

モバイル用途がメインなX270ですが、
A4用紙サイズのコンパクトさと取り回しの良さから
狭いデスクで別の作業をやるときにも重宝してます。


ThinkPad X270 NVMe SSDとSATA 速度の違いはある?温度も監視


ThinkPad X270 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX260、X270が大幅割引です。