ThinkPad X270に外付けDVDドライブをつなげて販売用DVDを大量生産中


販売用DVDを大量に焼く必要があるため
X270につなげる外付けDVDドライブを購入。

ThinkPad X270 DVDドライブを購入して接続 販売用DVD焼きまくり

amazonの外付記録型DVDドライブベストセラー1位だった
ASUS バスパワー対応ポータブルDVDドライブをUSB端子に接続

今はこんなに安く買えるなんてびっくりです。

USBから電源が供給されるバスパワータイプなので
ACアダプタがいらないのが便利。

200枚もの大量のDVDを焼かなきゃいけなくて、
DVDドライブの値段も手頃だったため、

同じDVDドライブを2つ大人買い!?して
ThinkPad X250もDVDの製造を担ってもらいます。


DVDドライブ2台買って焼きまくり

4.7GBのDVDを8倍速で焼くと1枚当たり10分~15分。
とてもじゃないけど2台でも足りないので・・・

4年前のThinkPad X240sも引っ張り出してきて
元々持っていたバッファローのDVDドライブを接続。

ThinkPad X270 X250 X240s 3台体勢でDVD製造

新旧3台のXシリーズでDVDを焼きまくりです。
ちなみにX260は他の重要作業専用に使ってるので
今回は旧機種を選定してDVDを焼いています。

ThinkPad X240sとX250のOSはWindows8 X270はwin10。

ひさしぶりにWindows8のX250やX240sで作業して感じたのは
起動は明らかにWin10より速いし、WindowsUpdateもあっというま

その上余計な大型アップデートもないので
実はWindows8って使いやすいかも。

リリース当初はスタート画面問題など
かなり評判が悪かったけど、今は安定していて
たまに使うと、いいなと感じるのが不思議なものです。


ASUSのDVDドライブにした理由


ASUSのDVDドライブを2台購入した理由として
まずは安かったのと、いつも使っている
DVDライティングソフトが付属していたから。

サイバーリンクの「Power2Go 7」が標準でついていて
大量に焼くときは余計な操作が少なくシンプルで使いやすい。

ASUSのDVDドライブにはサイバーリンクのDVDライティングソフト power2goがバンドルされている

DVDライティングソフトによっては1枚焼き上がるたびに
クリック操作が必要なものが結構あるんですよね。

Power2Goは焼き上がると勝手にトレイが開いて、
DVD-Rを入れると勝手に書き込みが始まる。

DVDライティングソフト パワー2GOはクリック操作なしなのがいい

任意の枚数を焼き終わるまで
クリック操作が全くいらないのが魅力。

ちょっとしたことなんだけど
大量に焼くときは1クリックすら面倒なので
DVDドライブを購入するときはPower2Goが
バンドルされてるドライブをずっと選んでます。

途中、全く先が見えないので時間を計算。。。
1枚15分換算で、3台で焼き続けても16時間もかかる(笑)

3台+デスクトップでもDVDを焼くことに

ということで、デスクトップPCも稼働して4台がかりに。

500枚以上だったら、DVDプレス業者に依頼するという手もあるけど
在庫を持たず受注生産でロスを少なくするためには
こういった地道な手作業の方が実は費用対効果がよかったりします。

ThinkPad用 DVDドライブもう1台買ってもいいかも

DVDドライブがこれだけ安く買えるのであれば
もう1台追加してパソコン5台体勢にして
DVD生産でもよかったなと今、考えてるところです。


ASUS バスパワー対応ポータブルDVDドライブ


ThinkPad X270 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX270が大幅割引です。