久々にX240sのパコパコパッド X260と並べて作業


3年前に購入したThinkPad X240sをメンテナンス
奥は今年(2016年)発売のThinkPad X260

ThinkPad X240s と X260

3年前のX240sだけど、X260と外観の違いはあまりない。


唯一、X240やX240sはクリックボタンがトラックパッド一体型。

X240s パコパコパッドで一作業

クリックするたびにぱこぱこ音がすることから、パコパコパッドなどと呼ばれて(笑)ユーザーから強烈に評判が悪かった世代でもあります

今となっては昔のこと。X250のモデルチェンジで独立したクリックボタンに戻ってからは懐かしさも感じて、言うこと聞かない子どものような感じで愛着を持って使ってます

3年たってもX240sはまだまだ現役です

X260と比べりゃそりゃ、断然独立のクリックボタンがいいですけどね・・・

このブログではお久しぶりに登場のThinkPad X240sですが、

何台かあるThinkPadの中でも今年、一番稼働時間が長く、24時間、365日電源を入れっぱなしにして、チャットのバックアップやツール検証用のPCとして今も変わらずがんばってます。


X240sのお気に入りポイントは本体部分がマグネシウム合金。
天板はX1 Carbonなどと同じ、カーボン素材です。

X260とX240s グラスファイバーとカーボン 天板の違い

ちなみにThinkPad X260の天板素材はグラスファイバー。
X240とほぼ同じで材質を高品質かつ、薄くしたのがX240sでした。


タイピング時にマグネシウム合金のさらさらした感触が手のひらに伝わるので、心地よくキーを打てるのです。

X240s マグネシウム合金でさらさら挿したパームレストが気持ちいい

本体がマグネシウム合金のThinkPadは数多くあるのですが、世代ごと、機種ごとに肌触りが微妙に違ったりして、X240sの感触が一番好みかも。


本体側面部分を見ると、経年劣化で塗装が浮いてはげてきたり

X240s マグネシウム合金がはげてきた

何度も地面にたたきつけるように落としてるので、天板のカーボン部分が欠けている

X240s 落としてカーボンの天板が欠けている

傷だらけの本体だけど、
使用3年を超えて渋みと貫禄が出てきた感じ(笑)

OSは購入時のwindows8のままですが
まだまだ現役でがんばってくれそうです。


ThinkPad X260が届いた X250からの買い替え、持ったときの安心感が違う

ThinkPad X260のレビュー・感想



ThinkPad X270 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX260、X270が大幅割引です。