ThinkPad ウルトラドック ファームウェア ドライバを更新 何が修正された?


ThinkPad X260をウルトラドックにドッキング。
Lenovo Companionを立ち上げてシステム更新。

ThinkPad ウルトラドック ファームウェアの更新方法

普段は見慣れない更新リストが出てきた。

ThinkPad Pro Dock, Ultra Dock, Workstation Dock firmware Utility V.2.30.000

X260でシステム更新したら見慣れない項目が・・・

要するにプロドック、ウルトラドック、ワークステーションドック本体の不具合を修正するファームウェアらしい。

ドッキングしていないときは更新一覧に表示されないし、
ThinkPad X270をドッキングしている際には出てこなかった。


チェックを入れて更新のインストールボタンを押す

チェックを入れてウルトラドックのファームウェアを更新

別ウインドウが立ち上がる

別ウインドウが立ち上がり、ファームウェアを更新

ものの30秒ほどで
ウルトラドック、ファームウェアのアップデートが完了

システム更新でドライバなど新しくしたときは
自動的に再起動されるのが普通だけど
今回は電源がシャットダウンされて終了。

いつもと違う挙動だったので、再起動されるものだと思って
電源が切れたX260の前でしばらくたたずんでしまった(笑)


手動でアップデートするには?


インストール履歴を見てみると
ウルトラドック ファームウェアのリリース日が2016/09/26。

リリース日を見てみると古い

今日が2017/04/15ですから結構時間がたってます。


たまたまX260で更新一覧に出てきたから気づいたものの、X270のように何らかの条件で一覧に出なかった場合、どうやって更新するんだろう・・・

と疑問に感じたので探してみたらありました。


レノボオフィシャルサイトの
ウルトラドックのページで最新のファームウェアが公開されてます。

ウルトラドックのページでファームウェアが更新されてる
ThinkPad ウルトラドック 90W – 製品の概要とサービス部品


ページで公開されているバージョンを確認したら2.33.000
先ほど更新したファームウェアは2.30.000

Lenovo Compainonから更新したファームウェアは古かったよう

ということで、2017年1月6日にリリースされた
ファームウェア ユーティリティ ドライバー (.exe) (3.1 MB) をクリック

ファームウェア ユーティリティ ドライバー (.exe) (3.1 MB) をクリック

ファイルをダウンロードしたら実行ファイルをダブルクリックすればファームウェアをアップデート出来る。


アップデートで何が修正された?


ファームウェアアップデートで何が変わったのか?
気になってドライバの更新履歴をたどってみる。

・DisplayPort接続の際、モニタの互換性問題を修正
・一部のモニタのフリッカー問題を修正
・VGAポートのハングアップを修正
・4Kモニタ 4096×2160 @ 60Hz自動検出の問題を修正

などなど・・・ここ4年ほどで6回更新されていて
こまめに不具合に対処しているよう。

現在使ってるウルトラドックに問題がなかったので
まったく気にならなかったけど・・・

モニタの種類が増えたり
解像度が拡大するにつれて発生する不具合など
ファームウェアが随時更新されているのは安心できます。


ThinkPad X270 ドッキングステーション ウルトラドックが一番使いやすい


ThinkPad X270 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX260、X270が大幅割引です。