13インチのMacBook Proと12.5インチのThinkPad X280で打ち合わせ


都内のカフェでMacbook ProとThinkPad X280を並べて打ち合わせ中。

13.3インチのMacbook Pro と12.5インチのThinkPad X280

13.3インチのMacbook Proをちょっと操作する時間があったけど、
12.5インチのX280と比べてさほど液晶サイズの違いを感じない。

14インチと12.5インチだと文字の大きさなど見やすさが変わってくるけど、1インチ以下の差ならさほど変わらないんだなーと。

もちろん、光沢液晶でMACの美しいフォントとwindowでノングレア(非光沢)なX280ではまったく印象は異なります。

生粋のwindowsユーザーな自分にとって、Macbookって薄くて軽くてかっこいいイメージですが、Proはサイズが大きくて、重く感じる。

持った感じ1.4kgぐらいありそう。
あと、意外にキーボードのストロークが浅かった。

重量が1kg以下のMacbookはファンレスで端子類が極限までそぎ落とされているようで、モデルによってコンセプトがまったく違うんですね。

まぁ、あたりまえか・・・


ThinkPad X280を使い始めて約1ヶ月たちますが、
ここ最近、持ち運んで出先で使っているのはX280のみ。

X280 ハンドリングがしやすく机の上でもコンパクト

SDカードスロットはないけど、
USB Type-CやHDMIなど端子類もある程度残っている

1.15kgと軽量薄型。
それでいて、キーボードなどの操作性も文句なし。

12.5インチのコンパクトサイズは取り回しがしやすく、テーブルに資料やコーヒーなどを置いて打ち合わせする時にかさばらないのはやはり便利。


今やカフェに入ると必ずMacbookを開いている人がいて
人気は絶大なものがありますし
スタイリッシュな本体と使いやすさは誰もが認める存在ですよね。

Macbookを触ってみてX280の完成度の高さを感じる

そんなMacbookをちょっとさわってみて、
X280の完成度の高さを感じた今日の打ち合わせでした。


ThinkPad X280が届いた X270と違いを比べながら10日間使ってみた


ThinkPad X280 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX280が大幅割引です。